収入が増えると困ること

アフィリエイトも収入が増えると【個人事業主】にランクアップします。確定申告は自分で行うのが基本です。

HOME

Q 副業の年収が20万円を超えます。税金はどうすればいいですか?

A 収入のあった年の翌年に確定申告が必要です。詳しくは、国税庁HPタックスアンサーで。

私の場合、無職の状態からのアフィリエイトスタートだったので、始めた年はほとんどゼロ収入で確定申告もありませんでした。その翌年にはそこそこ収入が出てきたので、まず最寄の税務署に行って話しを聞きました。職員の方が丁寧に説明してくれたのですが、チンプンカンプンでした。青色とか白色とか、経費とか控除とか、開業届がどうとか・・・
アフィリエイターには仕入れも棚卸もないので、実は帳簿の記帳がとっても簡単なのです。収入は全て銀行振込なので、通帳記帳だけ月に1回やっておけば漏れもありません。経費の項目もネット関連とPC関連、住居の按分だけでほとんどかかりません。

本屋で確定申告本を立ち読みしまくりましたが、サラリーマンで副収入があるケースや、医療費控除、商売人の確定申告のケースについて解説した本ばかりで、なかなかフリーランス向け(アフィリエイター向け)の本がみつかりませんでした。
何件か本屋をハシゴし、やっとアフィリエイター向け確定申告本 フリーのための「青色申告デビュー」ガイド はにわきみこ著 を見つけました。これは本当に経理に無知な人でも理解できる本です。
ネットでとりあえず勉強するなら、初めての青色申告・確定申告あたりを読んでおきましょう。

結局私は自分で確定申告は無理だと判断し、1年分の収入と経費(支出)と控除になるものをエクセルで表にして、レシートと通帳とカードの領収書を持って税理士事務所に行きました。

収入 各ASPからの振込
経費 電気 電話 家賃 ADSL回線料 Hpスペース利用料 アクセス解析利用料 パソコンパーツ購入 パソコンソフト購入 アパート更新料 
         書籍購入
控除 生命保険 税金

とりあえず、レシート通帳記帳だけは最低限必要です。

私の場合は白色の確定申告の書類作成の依頼だけで税理士に5万円かかりました。ちょっと高いと思いましたが、楽だったし色々と税金や記帳について聞けたので、よかったと思っています。
来年は自分で青色申告するために、会計ソフトを使って自分で記帳しています。ソフトは無料のものも含めて多数出ていますが、私も使っている、日本でシェア第1位の弥生株式会社の「やよいの青色申告05」(1万円位)をお勧めします。なぜなら、多くの青色申告会や商工会・税理士事務所でこのソフトを使っているので、わからないときに聞きやすいからです。個人事業主向けの青色申告・白色申告ができるソフトです。法人化するならば、「弥生会計05スタンダード」(3万円位)へのコンバートを薦めます。

アフィリエイター向け確定申告本 フリーのための「青色申告デビュー」ガイド はにわきみこ著 を熟読しながら、「やよいの青色申告05」で帳簿を記帳していけば、確定申告の書類は決算時にボタン一つで印刷できます。私は最寄の商工会に入会し、ノートPC持込でマンツーマン指導していただきました。記帳開始から6ヶ月の今ではもう、記帳もばっちりOKです。来年は青色申告で控除ガッポリです。

記帳指導は青色申告会や商工会で行っています。ちなみに私の住む市では青色申告会は会費が年12,000円で、会計ソフトも独自ソフトで、ノートPC持込の指導も行っていただけないとのことでしたので、入会しませんでした。商工会は従業員数によって会費が変わるのですが、私のように従業員0人だと年会費6,000円ポッキリで弥生会計でのPC持込マンツーマン指導を予約すればいつでもやってくれるんです!

記帳の習慣をつけておけば、将来法人化したときに苦労が少なそうです。個人と法人では一部記帳が異なりますが、基本は一緒です。


ネット広告屋あきTOP